間違いだらけのうつの常識|うつ病治療は専門のクリニックへ

  1. ホーム
  2. クリニックで治す

クリニックで治す

相談

専門のクリニックでの検査の結果、うつ病に罹っていたことが判明した場合、必ずクリニックでの治療を受けましょう。うつ病に罹患した人の多くは、うつ病に罹っていることを自分で自覚できないものです。自分の抱えている病の深刻さが自覚できず、「あの医者は治療費を得ようとして適当なことをいっている」と医師に疑念を抱いてしまい、治療をまともに受けようとしない人が多いのです。うつ病は放置しても改善することはありません。体に起きた病は免疫細胞の働きで治りますが、精神面の不調を治す免疫細胞のようなものは存在しません。うつ病を個人で対処することは非常に難しいので、専門の医師から治療を受けなければなりません。クリニックで受けられる治療は主に3つ。カウンセリングと認知行動療法、さらに薬剤を使用した方法です。

カウンセリングと薬剤療法は、どちらも症状の緩和と進行の抑制をメインとした治療法です。多くの人は、カウンセリングはただ単に医師が話を聞いているだけに見られるでしょう。しかし、こうしたカウンセリングはうつ病治療において重要です。うつ病を患った時、最も気をつけなければならないのは、孤独になることです。周りの人はうつ病になった人への対処ができず、つい怒鳴り声を上げたり、距離をとったりします。それはうつ病患者にとって耐え難いストレスとなり、症状がさらに深刻なものとなるのです。専門の医師は、こうした一般の人とは違い、うつ病の人への対処法を心得ています。うつ病患者の気持ちをよく理解しているので、話をすることで不安感や焦燥感、理由のないイライラを抑え落ち着きを取り戻すことができるでしょう。また、薬剤療法もうつ病にとって重要です。精神病の薬というと、飲み続けると逆に精神がおかしくなると考える人もいるでしょう。しかし、こうした薬はうつ病の進行を抑える上で重要な役割を果たします。うつ病に処方する薬は、簡単にいえば脳内神経物質を再吸収させて脳を活性化させる役割を持っています。うつ病は脳内神経物質が足りなくなる症状なので、薬を服用することで症状の緩和と進行の抑制ができるのです。しかし、この薬はあくまで症状を抑えるという対処療法としての役割しかありません。つまり、薬で症状は抑えられても、うつ病自体を根治させることができないのです。うつ病を治療するには、本人の努力が不可欠です。精神面での改善を促す治療法である、認知行動療法がそれにあたります。

認知行動療法とは、自分の置かれている状況やうつ病の症状を「認知」し、精神面の改善を「行動」によって促すという治療法です。うつ病の症状を認知させるには、カウンセリングによって医師が繰り返しうつ病の知識を教えるほか、光トポグラフィーなどで脳の血流量が明らかに低下していることを見せることで行なわれます。うつ病に罹った人の多くは無自覚であるため、この認知をさせることが治療の最初のステップとなります。次に行動ですが、行動療法とは何らかの能動的なアクションを取らせることで、精神面へポジティブにフィードバックさせることです。簡単な例を用いれば、片付けが苦手だという人の心を改善させるため、目標を決めて少しずつ自分でゴミを捨てさせることで、次第にごみ捨てが面倒に感じず、自然に習慣化するように仕向けるといったようなことでしょう。うつ病になると無気力・無関心になり、自分で行動を起こすことが苦痛になるのです。脳は体を動かす刺激によりたくさんの脳内神経物質を分泌します。うつ病で行動が消極的になると脳への刺激が激減し、さらにうつ病が深刻化するという悪循環に陥るわけです。行動療法は、はじめにどれくらいの症状の改善を目指すか目標を決め、それに向かってクリニックや自宅での行動を起こすことが主軸となります。毎日15~30分散歩をすること、自分で食事を作ること、部屋の整理をすることなど、日常のちょっとした行動を習慣的にさせることで、脳への刺激を増やします。それを日記に書き、長期間行なうわけです。日記をつけ始めた時と、現在の日記の内容を見比べ、自分の精神状態や行動力がどれだけ変わったかを知ることができます。うつ病の治療は、ポジティブな気持ちを持てるよう努力することが重要です。自分が治療によって変わりつつあるというポジティブな結果が得られれば、徐々に症状を改善させることができるでしょう。心の中を掃除するように、うつによって溜まったストレスというごみを、自分の努力によって少しずつ捨てていくことが治療にとって最も重要なのです。